Archive for the ‘レギュレーション’ Category

GreenPark 360 レース開催詳細

2017-04-18

こんにちは。JGTツアースタッフ、羽根でございます。

レース開催迄あと2ヶ月となりました。詳細発表をお知らせします。

1. 車両ルールはLMP、GT3共に今迄通りで変更ありませんが、バッテリーの搭載方法の確認をより徹底致します。

2. 1チームのドライバー登録は3名まで、プラス1名の助手迄登録可能です。助手参加に費用はかかりません。

3. エントリーフィーは、Enduroはお一人¥3,000、サポートクラスは+2,000円で何クラスでも参加OKです。

4. サポートクラスは事前エントリー申込みが、6台未満で開催不成立とします。

5. エントリー申込みは6/1から6/11まで当HPエントリーフォームより受付致します。ENDUROはチーム代表者がメンバー分全員行って下さい。 エントリー時に、ドライバー名、代表メールアドレス、チーム名、ゼッケン番号、トランスポンダー番号の記載が必要です。

6.<重要> 4000mah2セルリポでLMP参加のチームの方へ

充電電流量規制のBOP(性能バランス適正化)を検討しております。現在8Aの上限を低くする検討を進めております。

正式発表は、6/1を期限とし、ホームページで発表致します。今後の発表にご注意願います。

7. LMPのみタイヤ交換ルール実施しますので、タイヤ2セット以上のご準備願います。今回は1時間インターバルでタイヤチェックを実施します。

【重要】参加者への補足説明とタイムスケジュールをアップ

2016-05-30

image

JGTツアースタッフ、羽根でございます。

いよいよレースウイークが迫って参りました。

6/12開催の”GreenPark 500″の補足説明別紙で用意させて頂きました。ご参加者の皆さまは、必ず目を通して下さいませ。

当日のタイムスケジュールをアップしました。

印刷してお持ちくださいませ。

ダウンロードリンクはこちら

GREENPARK 500 タイムスケジュール

GREENPARK 500 補足説明

GREEN PARK 500の要項アップしました

2016-04-07

img_0913-1.jpg

 

 

 

こんにちは。

JGTツアースタッフの羽根でございます。

6月12日開催の、JGTツアー一大イベント
初の! 

500分耐久レース “グリーンパーク 500”

開催要項をアップいたしました。

開催要項は、スケジュール欄をチェック!

車両レギュレーションは、GREENPARK500用をチェックお願い致します。

レース内容、進行中のタイヤ交換などのルール詳細は精査して後日アップ致します。

車両に関しては、去年より変更点はございませんが、ルール簡素化の為一部削除致しました。

レースルールを先に抜粋させて頂きます。

1. 当日の公式練習枠はございません。(インターバルのフリー走行のみ)

2. 予選は3回行いますが、全て違う形式で行います。(ベストラップ、ベストヒートなど)

3. チームは最低3名、最高4名迄とさせて頂きます。ピットスペースの関係上、お手伝いさん含め、5名以上のチームは出来ません。

4. チームドライバー全員、いずれかの予選を担当して頂く仕組みを考えております。

5. 進行上、お昼休憩がございません。

以上5点先立ってご案内します。

今回は、入賞以外の賞もご用意致します。

勝負以外でも、盛り上がれるようご協力お願い致しますね‼︎

Preparation makes perfect!

2015-06-23

IMG_0928

前準備が全てを制す!

こんにちは。

JGTツアースタッフの羽根です。

いよいよ今週末には”Green Park360″ が開催されます。

時期柄、現在も天気予報は不順な方向ですが、

主催者としてアドバイスできる事を申し上げます。

JGTエンデューロは過去に3度のウエットレースを経験しております。確率から言うと、

50%がウエットレースです!

一旦ウエットレースとなると、どのチームも予定通りにレースを運べなくなり、
順位は予想外な展開になるのが常です。

しかし、どの様なレースシチュエーションであっても、毎回驚くパフォーマンスを見せるチームが存在するのも事実です。

前準備は、ウエットレースでは大変重要な勝因となります。

防水対策、タイヤセッティング、ランタイム。

ウエットレースは、普段経験出来ない要素が多く、そこがドライより大きく結果に左右されると思います。

どうか皆さん、事前に準備出来る事は必ず行ってください。

 

“雨のせいにしたって、

レースである以上,

不甲斐無いトラブルは、非常に悔しいです。”

 

その事を忘れないで準備して下さい。

 

 

宜しくお願い致します。

参考までにトラブルになった事例やアイディアを紹介致します。

1. センサー系の防水不足で、走行不可。

2. サランラップ類の防水は効果的。

3. メカ類に対して、防水スプレーも効果的。

4. レインタイヤは冬用などソフトコンパウンドがグリップが高い。しかし、一旦ドライに転じると運転が困難。

5. サーボも意外と雨に弱い。

6.ハーフウェットはどんなタイヤでもグリップしない。

7.意外にドシャ降りはグリップする。

8. 車高が低いと、水溜りでボートの様になるので、十分な車高確保が必要。

9. アルミピニオンギアは、水と細かい砂利がコンパウンドのやくわりとなり磨耗する。

10. 雨は転がり抵抗が増大するので、圧倒的に燃費が悪くなる。
以上、ご参考に役立てて下さい。

”GREEN PARK360″のレギュレーション…

2015-05-14

皆さん、こんにちは!

JGTツアースタッフの羽根でございます。

6月28日開催の”GREEN PARK 360″の開催要項をまとめた書面を作成致しましたので、

共有させていただきます。

Green Park 360 レギュレーション解説

  • 前回ご参加の皆様は、日時以外の変更点はございませんので、そのまま流用して頂いて結構です。
  • エントリー受付は一ヶ月前の5月28日より当HPから事前エントリーを受け付け致します。受付締切は6月21日です。
  • サポートレースのJGT3, VWCクラスは、通常レギュレーションページを参照ください。

 

GreenPark360 レギュレーションブックが完成しました。

2014-10-15

こんにちは。
JGTツアースタッフの羽根です。

11/23に開催されるメインレース”JGT Enduro GreenPark 360″.

各方面から車作りやらルールがいろんな箇所に追記して有り、解りにくいとのご指摘を頂きました。

この度、全てを網羅したルールブックを完成させました。
書式はpdf方式ですので、ダウンロードしてご活用ください。

最初の2ページが総合規則、プラス参加クラスに応じて、そのクラスのみの車輌ルール説明(各クラス3ー4ページ)に分けて有ります。
たくさん書いてあるように見えますが、重複するルールも全てクラス毎に記載が有ります。参加クラスのページだけ読めば、全て網羅してある筈ですので、全て目を通す必要が有りません。

宜しくお願い致します。

GREEN PARK 360 レギュレーションブック

 

**サポートレースのJGT3クラスは通常通りの開催ですので、HPの規則に従ってください。**

 

JGT3ナイト予選は無制限アタックで

2014-08-12

20140101-201819.jpg

参加者の皆様、

JGTツアースタッフの羽根です。

ご準備は万端でしょうか?
今回は、形式的に合同テスト的な要素を含め、予選選考を致します。
説明いたしますので、事前に良く読み当日ご参加下さい。(参加者の方にはメール配信もさせて頂いてます)

1. 集合時間はコース開場後、ご自由な時間に来て頂いて構いません。コース使用料金は各自でご精算願います。必ず通常営業終了迄(19:00)の料金を精算願います。

2.レースエントリー受付時間は設定致しません。ご来場されましたら、私にエントリーフィーを支払うと同時にゼッケンをお渡しし、受付完了と致します。

3.計測はコース設置のマイラップスを使用します。(決勝を除く)
マイラップスのモニター前に、こちらで参加者全員分のテストシート(添付ファイル参照)をバインダーに閉じて設置致します。走行毎に、必ず自分のリザルトをマイラップスモニターで確認し、テストシートに転記願います。走行スペックは自己申告で構いません。

重要:バッテリー残量を確認願います。基準は充電容量で行います。必ず充電が完了次第、テストシートに忘れないうちに記入願います。 予選選考の際の基準となりますので宜しくお願い致します。
4. テスト走行は、何分連続で走って頂いても構いません。ですが、原則6分間のリザルトを選考基準とします。
あくまでも参考目安ですが、充電容量が バッテリー容量X0.93X走行時間(秒)÷1440を超えない様に調整するのが、完走への道です。

5. データは皆さんで共有致しますし、後日HPにて参考データとして公表致します。

6.予選選考は18:00迄のリザルトにて選考致します。その後決勝迄、走行は自由です。

Green Park 300エントリーありがとう!

2014-05-13

JGTツアーの羽根でございます。
GREEN PARK 300の参加受付を終了致しました。
ありがとうございました!

当日のタイムスケジュールをまとめましたので、ご参考にして下さい。全てPDF型式ですので、ダウンロード又は印刷してご持参下さい。

GreenPark300タイムテーブル

5時間耐久レースの細かいタイムテーブルはこちら

GreenPark300耐久タイムテーブル

また、今回初参加の方が多く見受けられます。
JGTツアーイベントの大まかな流れを知って頂く為に、タイムテーブルに沿って重要な項目をまとめてみましたので、必ずご来場の前に熟読願います。

タイムテーブルに沿いながらご案内

加えてご案内。

釣り銭の無い様に参加費用をご持参ご協力願います!
(VWC指定タイヤの代金は1850円です)

コースの変更は予定していません。通常営業コースの時計回りです。

以上!

後はお天気ですね(^o^)

GREEN PARK 300 Enduroに関して

2014-04-25

こんにちは。
JGTツアースタッフの羽根でございます。
エントリー頂き誠に有難うございます。エントリー期限は5/12迄となります。

今回は直接頂いた質問を公開し共有したいと思います。
Enduroのレギュレーションはこちら

Q1. TRGのロイスは使用可能ですか?

A1. はい、使用可能です。参加はLMPクラスとなります。その他、JGT3公認ボディー以外でも:

1.全高105mm以下(一部実車を再現するために特例を設けております)
2.ウイングが別体装着可能で、ボディー後部が実車には無いせり上がった形状では無い事。

が条件です。過去のGT1やSUPER GTのボディなどで上の2項目に該当していれば、LMPクラスに参加可能です。JGT3公認ボディーでのLMPクラス参加は認めておりませんので、必ず参加するクラスをお守り下さい。

Q2. ライトは装着必須ですか?いらないんじゃないですか?

A2. レースは長時間に渡り、ゴール時間は夕方〜夜間を予定しております。JGTツアーではレース演出目的で、レースの進行過程に”ナイトセッション”という時間帯を設けております。ルール上で定めている通り、その時間帯はヘッドライト一対+テールライト一対が点灯していないと、ペナルティーを課しており、修復完了する迄コース復帰は出来ません。今現在は、ゴール1時間前からナイトセッションとする予定ですが、日照時間の関係で、調整する場合がございます。

Q3. マルチチャージャーは充電器一台として使用可能ですか?

A3. いいえ。マルチチャージャーを持ち込む場合、1系統しか使用出来ません。他のエントラントから見ても、明らかに1系統しか使用出来ない状態にない限り、マルチチャージャーは使用できません。充電コードが複数系統出ている充電器は、レース中は使用できませんので、必ず1系統専用の充電器を使用するか、マルチチャージャーの場合は対策をして下さい。

その他事前の質問ドシドシお待ちしております。

VWC、PCC共に2014年版レギュレーションを発表

2014-02-23

IMG_1853

こんばんは、JGTツアースタッフの羽根です。

先週のJGT3に次いで、VWCとPCCの2014年版レギュレーションを更新いたしました。

内容は:

PCC、VWC共に、モーターを18Tセンサレスを廃止し16Tセンサー付きに統一。 ESCをTBLS-02Sを追加公認しました。

VWCは、多くの要望とスピードレンジに合わせ、タイヤ支給セットを6本(1.5台分)から4本(1台分)に変更させて頂きました。

最低重量に関しては、PCC 1150g VWC 1430g (ヘッドライトの有無問わず)とさせていただきます。

« Older Entries
All content Copyright JGT-TOUR