VWC


VWC_5259

VWC(フォルクスワーゲンカップ)とは?

輸入車によるワンメイクレースとして開催された実車Volkswagen GTI Cupレース。古くはVWゴルフポカールレースから始まり、フォルクスワーゲンの車両内容に合わせて年々進化をし、現在、GTIのナンバー付車輌にてレースが開催されています。参加コスト面において親しみ易いレースパッケージを厳しくレギュレーションで定め、より気軽にモータースポーツを体験する目的が、このレースカテゴリーの魅力です。

このカテゴリーを模したラジコンレースがVWCであり、実車同様のイコールコンディションによるレースを行うことで楽しく誰にも参加しやすいカテゴリーにすることが、種目設定の主旨です。車輌はタミヤ製FF03(フロント駆動)を指定車輌とし、より厳正なワンメイクレースを実現致します。 しかもあらゆるスピード差の要素を最小に留める為、ギア比(ファイナルギア比)までもが、指定されています。

レーシングスピードは低めに設定。

これから本格的にレース参戦を予定されるビギナーの方、腕に覚えがあり厳正なルールの中、テールtoノーズのバトルを楽しみたい方へ打って付けのカテゴリーでしょう。

2013年シーズンより新たにフォルクスワーゲンゴルフGT24を加え、シロッコボディと併せてより一層スタイリッシュなボディで新たなレース演出が見られると思います。

VWC_5078

レギュレーションについて

参加者は、レギュレーションを熟読し、理解し、スムーズなレース運営にご協力願います。

<車両レギュレーション>

1:タミヤFF-03、FF-04 シャーシを基本とする。

  • 加工を伴う改造は一切禁止といたします。 加工とは切削、研磨、穴あけ、あらゆる材料の肉盛りなどを意味致します。
  • オプションパーツはサードパーティも含め使用可能です。
  • 但し、車両のミッションに当たるドライブトレイン関連は、歯数を純正のまま使用し、変更は一切禁止させて頂きます。今後、メーカーより歯数の異なるギア類が発売されても、それらは使用する事はできません。スピードを司る肝心な場所ですので、厳守お願致します。

2:ボディは以下の3種類より選択可能:

a.タミヤSP.1339 1/10RC フォルクスワーゲン ゴルフGTIカップカー スペアボディ

b.タミヤSP.1473 フォルクスワーゲン シロッコ GT24-CNG スペアボディ

c.タミヤSP.1497フォルクスワーゲンゴルフ GT24スペアボディ

3.ウイングは付属の樹脂ウイングを必ず装着し、ボディカットライン厳守。

塗装は実車のレースを模したペイントを推奨とする。 リアディフューザーやその他同等のエアロダイナミクス効果を得る目的の付加物は使用禁止。

*ヘッドライト、テールランプ(右のみ)、ドアミラーの装着を推奨いたします。

4:タイヤ・ホイールはタミヤ製Op.956 10本スポークメッキホイールラジアルタイヤ接着済みを1セット(1台分)有償支給する。

  • レース当日に使用するタイヤにマーキングを施します。
  • 持込のタイヤが同じものであっても使用することはできません。
  • レース中に追加購入できません。
  • グリップ剤、タイヤウォーマーは使用厳禁。
  • タイヤセッターなど用いてトレッド面出し、それに類似したタイヤ表面加工も一切禁止致します。

5:モーター・スピードコントローラーは下記の商品を指定とする。 無改造であること。

  • タミヤ製ブラシレスセンサードモーター 16T又は15.5T   + TBLS-01S TBLS-02S   TBLS-03S
  • *ギボシコネクターは、自己責任で取り外す事は可能ですが、メーカー修理や保証が受けれなくなります。

**レース中のバック走行は禁止ですので、バック設定不可

***モーターチェックを無作為に行います。

6:バッテリーは下記の製品のみ使用可能。

  • タミヤLFバッテリー LF2200-6.6Vレーシングパック
  • ALEX UA123-2200 A123 Nanophosphate2200 6.6V ハードケース
  • コスモエナジー A123 Nanophosphate2200 6.6v
  • World Drome 2011 2012 指定バッテリー6.6v 2200mah ハードケース DEANS/JST プラグ仕様

*タミヤコネクターは省略して頂いても構いません。

7:ギヤ比は固定とする。

  • 06モジュール68T/26Tのみ(車検簡素化の為、06モジュールのみ)

8:安全を配慮して、バッテリーの充電は必ずリチュウムフェライト専用充電器、または専用プロファイルにて実施する事。 充電、放電の過程にてバッテリーに対して冷却、加熱双方とも禁止致します。

9:バッテリーチェッカー(3.7v/セル)の搭載を義務付けします。これは出走前の電圧チェックを簡素化する目的に加え、エントラント全員で他の競技者 を監視する目的で実施されています。エントラント側からの不正の通報も受け入れられ、違反者は即刻レースイベントから排除と致しますので、お願いですから 危険な行為は絶対止めてください。 重要:バッテリーチェッカー”点灯”は一発で失格です。 十分に気を付けてください。

10:車両総重量:

  •  最低重量1430g以上(走行状態)

また、バッテリーチェッカーのLEDは必ず”左後”のテールライトにボディ付属(シロッコの場合は要加工)のハウジングなどを使用して装着すること。

VWC0010

 

<競技レギュレーション>

A-競技方法-

競技方法は以下の方法で原則行いますが、開催地の事情、運営時間によりローカルルールを適用する場合がございますので、詳しくは最新のお知らせを参照ください。

1.予選:
・3~5分間の周回走行を2ラウンド行い、ベストラップにて順位を決定する。参加人数により決勝メインの区分けが必要な場合、開催場所の操縦台スペースにより10,15,20人で区分けを致します。区分け人数はレース当日に発表いたします。

・予選走行開始はピットからスタートいたします。 参加車両は先着順で整列し予選開始までに、スタッフにバッテリーチェッカーのLED点灯チェックを受けること。

2.決勝
・6分間の周回レースを2セグメント制シュートアウト方式。

・ 予選順位により最初のセグメントをグリッド配列し、セグメント1のレースを戦います。
・ セグメント1のレース結果に従い、最終セグメントレースのグリッドを配列いたします。最終セグメントも同じく6分間で行われます。最終セグメントのレース結果を最終結果とする。

この決勝方式により、遠方から参戦される方でも、短時間で尻上がりに調子を上げる事で十分に成績が狙えるチャンスが出来ると信じています。

<罰則>

運営スタッフより、悪質な走行マナーや言動行動と判断した場合、それ以降の参加をご遠慮頂く場合がございます。バッテリー電圧オーバーなど重度の車両規則の不正発覚の場合も、それ以降の参加をご遠慮いただきます。皆さん、マナーと大人の良識の下、レースを楽しんで頂けると嬉しく思います。

VWC-header3

 

All content Copyright JGT-TOUR